ドイツの電気事情と節電

ご存知の通り、ドイツ(ヨーロッパ)の家庭用電源は220V であるため、110V 用である多くの日本の電気製品はそのままでは使えません(ラップトップパソコンの電源は普通220V に対応しています)

 

そこで220V/240Vの電圧を、日本の電圧である110V に下げるためにトランス(写真左および下)などを使います。

 

大きさ、種類、色々なタイプのトランスがありますが、内部にコイルがたくさん巻いてある重量のある大型のトランスで、スイッチが付いているタイプ(写真左および下)の場合、スイッチを入れた時にヒューズが飛んでしまうことがあります()

 

それはトランスの中の大量のコイルが、サイクルのタイミングによっては最大限の電力を一挙に消費してしまうためです。

 

大型の(コイルタイプの)トランスでもスイッチのないものがありますが、それをつなげっぱなしにしておくと、タイプによってはプラズマTVや冷蔵庫並みの電力を消費するものがあります。

 

電気製品を使用していない時は、スイッチをオフにしておくか、コードを抜いておかないとかなりの電力が消費され続けます。

 

最近普及しているLED照明や、携帯電話などにはさまざまな電源が付属で付いていますが、それらは1W~3W程度の電力を消費します。

 

つないでさえあれば、LED自体のスイッチがオフで照明はついていなくても、あるいは携帯電話の電池が十分充電された後でも電力を消費し続けています。

 

例えば1WLED用の電源を一日中(24時間)つなげておけば(LEDを点灯させなくても)24Wの電力を消費しますが、それは例えば電球でいえば24Wのものを1時間付けっぱなしにしているのと同じことになります。

 

つまり、LEDに切り替えて節電しているつもりでも、明かりをつけていない24時間だけで24Wの電球1時間分を消費していることになります。

 

最近のアイフォーン5用のコイルを使っていないタイプの電源でも、メーカー表示で0.25Wとなっていますので、アイフォーンをつなげなくても電源をコンセントに4日間つなぎっぱなしにしておけば、やはり25Wの電球を1時間つけっぱなしにするのと同じです。

 

トランス・電源にはコイルの入っているタイプと、電子部品だけで作られているタイプがあり、コイルが入っているタイプは特に電力の消費が高くて熱を持ちます。

 

熱を持つことイコール電力の消費を意味しますが、コイルの入っていないタイプでも電力は消費しているので、使っていない時はなるべくコンセントから抜いておきましょう。

 

* 大型トランスのスイッチを入れた時にヒューズが飛んでしまう問題を解決するには専用機器があります。詳しくは編集部までお問い合わせ下さい